妊娠中に働けという夫。妊婦の大変さを理解してくれない!どうしたらいいの?

妊婦

「夫から、まさか妊娠中に働けと言われるなんて。強制されることになるとは思っていませんでしたので後悔しています」

「『世の中の人は、妊娠してからも働いてるんだから、お前にもそれくらいできる』と言い、妊娠中に仕事をやめることを了承してくれません」

こういうこと言い出す夫は、いつの世でもいるものですね。

自分が妊娠したことがない上に、

「自分も辛い中働いているのだから、お前も妊娠中に働ける」

と勝手に決めつけて奥さんの妊娠中の体調のことなんて、まったく気にかけてはくれないのです。

少しは、

「お前の体調が心配だ」

とか、

「つわりがひどいみたいだけど、頑張って家の事もよくやってるね」

「仕事が大変なら休んでもいいんだよ」

とか、最愛の妻であるならば、夫から労いの言葉の一つぐらいかけてくれてもいいのにと思ってしまいます。

「妊娠中に働け」と言われたプレママの悩みは?

プレママAさんの悩みです。

現在、妊娠5ヶ月です。

妊娠3ヶ月の時に派遣の任期満了だったため、その後働くつもりでした。

しかし妊婦でも働ける会社は見つからず、今は専業主婦をしています。

出産したらすぐには仕事ができないため、あと3ヶ月ぐらいしか時間がありません。

また貧血気味なので交通機関を使って通勤するのはなかなか大変なものがあります。

6ヶ月なのにつわりが治まらなくて、妊娠悪阻と診断され点滴のために病院にも通っています。

体調も優れないのに、その姿を見て夫は嫌悪感を抱いているようです。

はっきり言いませんが、働いて欲しいみたいでした。

しかも、先日夫は飲み会やゴルフに2週連続で行っています。

お金がかかるのを心配して

「子どもが生まれたら、もっとお金もかかるのだから少しは節約して欲しい」

と伝えたら、

「自分は生活を変える気がないから、お前がお金を稼いで生活費の足しにしろ」

と言われてしまいました。

何もせず家にいる私を見て、

「なんにも金を生み出さない」

とイライラしているようなのです。

私は家にいるだけでなく、つわりが辛い中、家事もしっかりやっているつもりです。

まさか、体調の悪い私にこんな言葉を投げつけられるとは思わず、結婚したことすら後悔し始めてしまいました。

Aさんと似たような境遇にあった私から、Aさんはどうしたら良いかを一緒に考えて行きたいと思います。

「妊娠中に働け」妊婦が無理なく働くとしたらどんな仕事があるの?

妊娠中は、在宅ワークと言われる仕事がおすすめです。

通勤電車に乗る必要もありません。

例としてはクラウドワークスなどインターネットを利用した入力のお仕事や、うちわ作りや文具づくりの内職などがあります。

家にいながら好きな時間に働くことができるなんて、体調が不安な妊婦さんにとってうってつけですよね。

しかし、内職に関しては作業量に対して稼げない単価の低い仕事が多いことや、初期投資が必要と言われる内職商法など詐欺まがいの仕事があることがデメリットとして挙げられます。

内職をしていた人の声を集めてみました。

・内職の仕事をしていましたが、女性の水着の胸パッドの肩ひもを切るのが一組0.5円、子ども向け雑誌の付録を整えて、本誌に入れてゴムを閉じるのが一組1円でした。

普段スリッパ買っている雑誌の付録や衣料品に、在宅で内職している人の手が入ってるなんて思いもしませんでした。

・パソコンへの入力の仕事も、今では誰でも出来る仕事になっているので、仕事によっては一文字0.1円の世界なんてザラです。

百文字入れて10円っておかしくないですか?

・内職は納期が決まっているので、自分の好きな時間にできると言っても締切が明日に迫ったとしたら?

例えば、文具の組み立てなどの作業を徹夜をしてまでも完成させなければなりません。

自由な時間に働くことはできますが、ノルマが決まっているんです。

・将来の蓄えとして、求人広告で見た内職在宅の仕事に連絡してみました。

とても感じの良い方でしたが、

「仕事をいきなり始めることはできないので、基礎から勉強してください。費用は15万円になります」

と言われ、必要な経費だと思い失業保険を全て使い切って仕事を受けることにしました。

一応仕事はもらえましたが、私には合わないかと思い連絡するのをやめてしまいました。

後から友人に聞いたら、

「それ内職商法だよ」

と言われてしまいました。

悪徳業者に引っかかって個人情報のリストにも載ってしまったかもしれません。

以上のように、内職の仕事は好きな時間に働けるというメリットがあるものの、実際に取り掛かってみると単価のあまりの低さに驚いたり、納期がタイトだったり、仕事を始めるのに初期投資が必要だったという声が聞こえてきます。

「妊娠中に無理なく在宅で稼げる」イチオシ「チャットレディ」のメリットとデメリットは?

そこで今、なかなか家から出ることができない妊婦の方に大変人気な在宅の仕事が

「チャットレディ」

です。

「メルレ」や「チャトレ」と言われるお仕事です。

スマホやパソコンがあれば、電話をしてきた男性と楽しくお話をするだけ。

在宅でできる内職やパソコンのお仕事と比較しても、時給が最低でも3000円台と破格の給与となります。

ノルマや納期もないので、自分の好きな時に働くことができます。

メールレディーやチャットレディーは、世間では風俗と勘違いされてしまうこともあるようです。

しかし、ノンアダルトといってアダルトな内容がなく、家庭や仕事に疲れた男性と楽しくおしゃべりをするタイプの働き方もあります。

顔出しはNGな場合はメールだけで男性と交流することも可能。

顔出しの方が稼げるからぜひ、ということであれば、マスクやメイク、カツラなどで変装してチャットすることで身バレを防ぐことができます。

自宅に設備がなく仕事を始めるのが心配という人は、事務所の拠点が通える範囲にあれば、勤務可能な施設や設備も用意されています。

チャットレディーのデメリットとしては、当たり前ですがお客さんがうまく取れないと成果がゼロという出来高制になってしまっていること。

また相手の立場に立ってお話を聞いたり、相手が

「楽しかった!またこの子とおしゃべりしたいな」

と思えるような、ちょっとした会話術が必要です。

「妊娠中に働いてやるよ!」チャットレディーをやってよかった!

私は、夫に働いてほしいと言われて、つわりが酷い中、内職仕事なども検討して結局チャットレディーに登録することにして好きな時間に働けるようになりました。

夫がいない時間に働いているので、夫には

「パソコンを使った入力の仕事」

と言っていますし、そちらにも登録して適当な仕事をもらって取り組んではいます。

チャットレディーは若い人が多いのかと思いきや、経済的に厳しいシンママや産後に不安がある妊婦さんが多くて、ほっとしました。

30代40代のチャットレディーも今ではザラなんだそうで、長期間働きつづけることもできそうです。

夫からは生活費をほとんどもらえなかったんですが、自分が稼いだ金で生活費の補填ができ、更に自分の為に使えるお金も持てるようになりました。

お客さんの話を聞くだけと言っても、たまに聞き上手なお客さんがいて、私の夫への愚痴を全て親身になって聞いてくれて、この仕事をやっていて良かったと心から思いました。

お客さんは、キャバクラなどで生身の女性と話すのが緊張するようなタイプの人が多いです。

無理な要求もなく、チャットレディーの私を気遣ってくれるようなタイプのお客さんも割合としては多いような気がします。

顔出しを少ししているのですが、その際に必要な化粧品を増やしてみたり、変装用のカツラを買ってみたりとにかく生活にハリがでます。

夫からも、「妊婦でも女捨ててない」と思われるようになったように感じます。

まとめ

チャットレディーは、好きな時間に働けて高収入。

しかも相手のお客さんにも癒しを与えることができて、自分でもこんな風に稼げるんだって自信がつきました。

女性の占いと同じで、疲れた時に誰か話を聞いてほしい、癒してほしい、という男性の声にしっかり応えていきます。

「ちょっと自分のキャラだと難しいかも?」

と思ったら、インターネット上に別人格を作るという気持ちで取り組んでみるといいでしょう。

「私は今日から女優!」

と暗示をかけていますよ。

今、私が登録していて一番稼げているチャットレディーはこちらです!

風俗じゃないのに高収入!?在宅で電話ひとつで好きな時間にお仕事できる★
チャットレディ・テレフォンレディをはじめるなら、ポケットワークで♪
>>ポケットワーク


在宅でもスタッフの方が丁寧に仕事の始め方やお客さんを取るためのアドバイスを教えてくれますよ。

あなたの妊娠中の生活が、少しでも潤いを取り戻せるよう、祈っています。

Copyright© 妊娠中に働けという夫。妊婦の大変さを理解してくれない!どうしたらいいの? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.